読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『近代化』

Web culture

07年に入ってから、
自分も『近代化』という言い回しを使うようにしたのだが。
使ってみて気付いたのは、はてなダイヤリーの半分が、
『近代化』を『グローバル化』の意味で使っている。
ということ。
それは『Web2.0』という言葉の使い勝手のよさの裏にある
文脈の在り得なさが物語っている。
私の知見では『Web2.0』という言葉は、
カットアンドペーストの言葉で、文脈を強いられない。
その背景には、80年代ニューアカが言っていた
ポストモダン』『スーパーフラット』の社会を地で行く事で
社会化される事が、
個の癒しではなくなってしまった事が考えられる。
そこで、文脈を強いられない軽さが
安心という癒しを齎していると考えた。


そもそも『近代化』後にあった言葉のOSの変化を、
進化という言葉の文脈で捉える作業が受け入れられなかった為
その後の『ポストモダン』に
『以前近代化した言葉』を『グローバル化』という認識で
仕切り直す作業が行われたのではないかと推測する。
その為、『近代化』を『グローバル化』の意味で使う。
という事が平然と行われているのではないだろうか。
『近代化』が『グローバル化』後として
存在している所に、この齟齬がある。


そしてもう一度『近代化された言葉』を
グローバル化』という形ではなく
明治以後までは、当たり前に行われていた
言葉の進化や言葉の耐用年数という文脈で捉え
再構築するタイミングではないのだろうか。


自分で読み返しても、何を言っているのか全く分からない。