読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に見ないドラマラブシャッフル

TV

俺の知り合いで二人、絶対に見ないと言っていたドラマラブシャッフル
そこそこ面白いので「もったいないな」と思うけれども。


このドラマは毎回テーマと回答のようなものが提示され
 それと相互補完的なものなのか、脚本的なドラマツルギーが殆ど無い
さらにそれを大オチでぐら付かせるような事をするんだけども。
回答の部分は、ウサたんが大演説をぶつ事でその体をなしていて。
社会問題(風)だったり、恋愛論(風)だったりと
テーマごとの正論というか、日本人の平均値のような内容の事を
うさタンの隠されたカリスマ性によって、
大衆を扇情・煽動するように鼓舞し、
まるで溜飲を下げた、かのように見せるわけです。


問題はその大演説で。
うさタンだからしょうがないかという
玉木くんのキャラクタでたすかっているけど、
なんか普通に「それ違くね?」と思っちゃうんですけど。
大オチで、その大演説も含めた足場がぐら付く感覚で
ぐいっと引っ張るには、そこの吸引力がもっとないとなー。って。
いやね、何かを疑いなく主張することが難しい世の中だからこそ
うるせーー!
多分、野島伸司自身が、自分の言葉に騙されてないでしょ。


これもある一定の主張ではあるんだけど
ラブシャッフルでは、言い訳があらゆる形で配置されているので
こういった言い方もし辛くて、これを書いたところで
 ラブシャによって、主張が生まれたね!
って言われちゃう。そういうのも含めて、ずっこいなって思う。
んでもって、そこそこ面白いのがまた困っちゃう。