読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲゲゲの女房

終戦記念日前後に戦争の話に入るのは決まってたんだろうけど、単なる戦争反対話でもなくいかに非日常空間だったのか軍服の人間が背広に着替えた後の画とか、ベトナム帰還兵の狂気じゃないけど、貸本屋の主人の話などが前にあったから、すっと集中しちゃったな