読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小公女セーラ

TV

今期は特に日本人的なポピュリズムがキツイドラマが多い。
楽観主義的で、一つの事だけしか考えない
排他主義的で、自分の事だけしか考えない
何故か。
その理由はひとつでも
それを受け入れた心のありようは、一人ひとり違う。


そういえば小公女セーラ
ポピュリズムの負の面をピックアップしているようで
同時に
ポピュリズムの正の面も描いていた


受け入れられた運命論に向かって
「受け入れずに立ち向かえばいい」と言うことは、
(相手の歴史を踏みにじる)綺麗事でもある。
岡本杏理の語っている、一見悲しいけれど
それを受け入れている、強く前向きなポピュリズム
今後セイラはどう対峙するんだろう。


まるで、八ッ場ダムの話みたいだ。
受け入れざる終えなかった人間に
間違っているなら中止すべきだと
積年の恨みを経ていない外部の人間が
軽はずみに口にすることの屈辱。


数々の映画やドラマが描いてきた
現状打破のために勇気を持って立ち向かう話が
どれだけ当事者不在の『大きな物語』だったかが分かる。
 それは、フィクションに仮託して溜飲を下げていたのだろうけれども。
そこを乗り越え、シビリアンから個を抜き出し(自分の言葉を)語らせた
小公女セーラは、それだけで十分すぎるほど価値がある。


「まかせる政治」から「引き受ける政治」へってのは
こういう事だったんだな。