読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使えるポップス

飽き飽きでウンざりな話をします。
緊急集会。何か逆効果な気が…党派意識を高める為にはいいのかもしれないけど。この間の、龍馬伝であった大森南朋が下士を鼓舞してる感じがして、何かいやーな感じがある。回りでそうだそうだーって言ってるのが悪目立して、最近の少女漫画はこんなに乱れてる、これは流石にダメだろwwって人が、ロリ規制プギャーって見えるでしょ。勿体無いよ。
調子こいてんじゃねーって話でしょ。それは背徳感もパッケージして自重して売れよって事。エロイのはコソコソして欲しいと。でもコソコソしてるから、実際にコソコソして売っている業者は視界には入らないって矛盾があるわけ。じゃー俺らの目に入るこの、目に余る表現物はなんなんだよと言われるだろうけど、言ってる人が18歳未満な訳ないじゃない。当事者じゃない第三者が、恣意的に選別する事に効果なんてあるの?という疑念は消えない。こういう瑣末な泥仕合なら、俺も笑って見てたかなー。


で、俺がこの一連の問題に関して気になるのは、ポルノとしての実用性について。石原慎太郎の小説が、源氏物語が、サザエさんドラえもんが、っていうのが大喜利以上の反論になっておらず、ピントはずれに思うのもその為。いじめ問題の時に、皆がやってるから、俺もやった。仕方がない。と反論したらそれはゲンコツを食らうでしょ。反論なのに、自分本位なんだよ。
そもそも必然性の有無で説明出来てるつもりだと思うので、それ言っててもなんも変わんないんじゃない。


エロゲはアートだと言うことも、その事によって自らポルノとしての自明から目をそらしてしまう事のように思う。ポルノの実用面(グッと来るおかず)によって届く距離というモノを忘れていないだろうか。萌えが抱える加害性について、それこそ作品で答えるのだろうか。マジで出来る?
例えば、バイオハザードは危険なゲームだと言われたことがあったが、実際にバイオハザードが殺人を助長しているとは言えないだろう。だが、作り手はそこにおいてセンシティヴであって当たり前だと思うのだ。それは社会的な責任だろう。消費者はうるせーヤラせろ。と言うのだろうが、作り手までもが、そのロジックにのってはいけない。表現者が抱える加害性について考えることは、生み出される創造物について、考えると言うことで、血の色を緑にしたので許してくださいというのは、その作品が抱える自明性=加害性によって客に届かせる、ある種ポップアートとしての責任から乖離した論理に身を委ねてはいないだろうか。死体や裸体等アンモラルな価値観にドキドキする感覚はそこには全く無かったのだろうか。それを手に取った受け手は、アンモラルな世界観に手を伸ばしてはいないのだろうか。そこが良かったんじゃないの。


それと被害者が存在しないってロジックも、その画に何が投影されているのかを問題しているのであって、被害者の有無は問題にしていないのだから、キモイ人の屁理屈になってしまう。作り手はその画に何を投影させることで、誰に届けようとしているのか。そこに行政の恣意的な視線が介在する事が問題な訳。市場に行政が介在する政治のお話でしょ。
その創造物によってうけるプラスとマイナスを比べ、長期的に見てプラスが多いのかマイナスが多いのかを判断して、マイナスが多いのに、市場が頑固に自分の権利を誇示しているのなら、そこにある程度の妥当性があるのかもしれないが。その根拠が示されなければ市場が要求を突っぱねるだろう。それは不利益だから。
ん?雇用問題には早く行政のメスを入れろと言う割りに、市場にはタッチするなとはどういう事か?それはシステムに介在するか、コンテンツに介在するか。って問題。
多分、新宿歌舞伎町浄化や、東京オリンピックの延長線上に捉えられるべきなんだよ。この延長線上で、コンテンツではなくシステム。出版のシステムについて行政が介入するという話だったなら、これはどういう風に議論が展開していったか想像してみて欲しい。
例えば内需よりも外需にプライオリティを置いた、東京の観光地仕様。先の見えない出版、それに伴うコンテンツ大国としての日本を捨て、外国からのお客様の誘致の方が儲かる。という根拠を示せばいいのだ。その方が日本の為ならば。この先、ポルノコンテンツが生き残り、その上、外貨を稼ぐ東京を想像するなら、出版社の一極化の問題がないか。出版社の通信技術はそんなにローファイなのか?インターネットがある今、データ入校で地方に会社があっても出来るんじゃない?次に印刷所。大日本印刷凸版印刷の問題。そこに行政のメスは必要なんじゃない。と、議論が行政を巻き込んで展開するなんて想像はどうか。俺はこういう話なら有意義なのかなーとか考えた。


つまり、内向きの言葉は沢山見かけるが、相手の立場になって、どうしたいかを想像した上で発言出来ているか。また、自分のコンテンツに向き合っているか。内輪同士で鼓舞し合ってるだけなんじゃないか。相手だけじゃなく、第三者の目ももう少し意識した方がいいと思うのだ