読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きない

culture 創作

批判めいた言葉をみると
じゃあ見んな、聞くな、食べるな、TV消せ、買わなきゃいい。
とかって、どうなんすかね。
棲み分けっすかね。
例えば、興味を持って手にとって
買ってみて、意外にガッカリみたいなことって
当然あると思うんすけど、
まずそこにあるリスクヘッジってなんなんすかね。
ガッカリしても手に入れるのに苦労したから
無理していい所を探したりしないんすかね。
それってガッカリの上にあるわけじゃないすか。
んで、ガッカリした事って、表現する必要ないんすかね
わざわざ書くなって言われますかね
人の失敗ってうけないすか
成功話ってウザくないすか


嫌なら手に取らなくてもいいし
発露する必要もないのなら
別に批評なんていらなくないすか
つーか批評っていらなくないすか
新鮮なアングルとか
面白い読み解きとか
自分内好き嫌いで個人個人が取捨選択できるんなら
別にいらないっすよね


世の中には自分で自分のことすら決められない
思春期って人たちがいるらしいんすけど
そいつらは、自分の好きなモンだけで生きていけるんすかね
失敗してガッカリするとしても
キライなものでもチャレンジして
自分の目で指で失敗した方がよくないすかね
でもそれって難しいことっすよね
そもそも面白くないとかつまらないって
明確な何かのせいで
そうなってることの方が少なくないすか。
期待してた時に
何もなくって何も感じない時に
つまらないって感じるんじゃないすかね。
それに何か言葉を無理矢理足して
批判するって、すげー難くないすか
逆に、楽しいとか面白いって
明確な何かがあったから
面白いって感じるわけだから
それの面白さを書くのって楽っしょ
それを伝えるように書くのは大変だけど
苦労して悔しかった気持ちを書いてる人の方がよくないすか。
うけないすか。
明らかに、それを褒めている人より労力を費やしてるし、
どう考えても、ただ褒めてる人より思い入れが強いっしょ。
その前にガッカリの楽しさってエンターテインできないんすかね
ガッカリ文章を読むと、逆にその作品の良さって見えるじゃないっすか


まー、嫌いなもんは見なくても聞かなくてもなんでもいいんすけど
まず、このブラウザを閉じればいいし
パソコンを外に投げ捨てれば良いんじゃないすかね
つーか、生きなければいいんじゃないすかね


たった一度の人生なんだから無駄遣いしてこうぜ!!