読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものじかん #04

家庭訪問が出来ない、して欲しくない
プライバシー、デリカシーの有無、複雑な家庭環境への配慮


ろりでえっちな恋愛もののコーティングで描いているけど
結構、グロテスクで凄いな。際どいけど。
先生の配置が上手いのかな。
先生が童貞で、小学生にさえ(色恋や商品としての自分を武器に)
翻弄されてしまうという部分が、
えっちなスラップスティックモノとしての部分と
マジで性犯罪を犯してしまう先生が
度々報道される現実との間で
ホント際どく成立しているという。


特に「おまいらきめえwwww」
って言ってるやつらが、心のどっかで
ロリなエロを期待している(?)という部分も含めて、
そういうのが好きな奴が楽しめつつ
その見ている行為が自分に跳ね返るようなエグイ演出、演出?脚本か。
それがちょっと見えた。気がしたけど、気のせいか。


金八とこれのせいで、学校モノの頭になってきた。
この二つがお互いに作用はしても、
一つの作品内で同時展開するのは無理だとして、
たまたま同時に放送はされているんだね。
いや…もう無理でも無い気がする。
アニメで金八やってもしょうがないから、
ドラマでこどものじかん的な事が出来るかどうかか…